File#01 遠藤麻未 

Page-3

自分のダメなところとか気にしないで・・

たくさんの作品を作られてきたと思いますが、 遠藤さんの中でのベストな作品(特に好きなアニメ)があれば教えてください。

A)
無敵超人ザンボット3
宇宙の騎士テッカマン
キャッ党忍伝てやんでぇ

自分のやった作品でしたら、『キャッ党忍伝てやんでぇ』
放映4話目でいきなり好きになり、タツノコプロに電話して仕事もらいに行きました。自分から仕事を選んだのは、後にも先にもそれだけです。

それ以外では、「ニルス」は毎日鳥や動物を描けて本当に幸せな作品でした。
あと、『BLEACH(ブリーチ)』がなんか、・・・いろいろ思い入れがあります。「ブリーチ」は絵が新しくて、キャラクターのバランス取るのが新鮮だったのです!それに・・なんて言えばいいのかわからないのですが、高橋資佑さんの二原を最後の最後までやらせていただいた作品なので・・その意味とかいろいろ今でも時々思い返すのです。

『劇場版BLEACH The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸』(2007年12月22日 公開)
上映時には、本作品の製作途中に亡くなられた高橋資祐さんへスタッフ一同から追悼メッセージが映し出された。

ありがとうございます。

“生涯一捕手”ならぬ、 “生涯一アニメーター” というワードが頭に浮かびます。遠藤さんは・・例えばアニメーター以外の仕事で興味のあるお仕事とか、やりたかった・・という職業はありますか?

A) 今は無いです( ̄▽ ̄)

・・・やはり
「生涯一アニメーター」ですね!

今後もアニメーター人生が続くということで、嬉しく思います。でも、ちなみに絶対にやりたくない作品とかありますか?

A) スプラッターとスポーツ(・w・)
スポーツは興味無さすぎて無理。スプラッターは怖くて無理。
絵が、どんなにがんばって怖く描いても、なんか面白い感じになるのでホラーは物理的に無理。

では、人生の中で「尊敬に値する」といった人物は?

A) まず、高橋資佑さんですね。ってゆーか・・
自分には大概の人間は尊敬に値するというか、人様を評価する資格が私にあると思えないし・・こんなにもダメなのに生きてる自分をむしろ、尊敬するというか。(笑)

ぼくらはみんないきている・・

それでは、アニメーターを目指す次世代に向けて先輩からなにかメッセージを送っていただけると嬉しいです。

A) えー・・・私はアニメーターに必要なパース感覚とか、いろいろな能力が欠けてるんで。。しかも約束を守れないとか・・人間としていろいろNGなんで、そんなダメ人間でも生きてるわけでー!!
自分のダメなところとか気にしないで・・やりたいことやったらいいと思いますヽ(´▽`)/

~ありがとうございました。おつかれさまでした!