File#01 遠藤麻未 

Page-1

新しいプロジェクトにご協力いただきありがとうございます。
《 第一回 》アニメーター・インタビューは、遠藤麻未さんに登場いただきます。

【プロフィール】 愛知県名古屋市出身。1979年にアニメ監督の長浜忠夫に紹介された、高橋資祐氏主宰の作画スタジオ「スタジオドオタク」に所属。1980年代のスタジオぴえろ作品『うる星やつら』『魔法の天使クリィミーマミ』等で作画監督を務めた。また高橋留美子(るーみっくわーるど )OVA作品等・・数多く原画で参加している。2018年5月、SCK(サブカルキングダム – ZIP-FM)番組コーナー「ナゴアニ数珠つなぎ」にゲスト出演。 現在は地元の名古屋にてフリーで活躍中。

職業は・・アニメーター一択になりまして。

遠藤さんは昨年も地元ラジオでのインタビューがありましたね。
サブカルキングダムの「ナゴアニ数珠つなぎ」コーナーでしたがアニメーターとして、はじめてラジオに出演されて・・いかがでしたか?

遠藤さん(以下A)
お話するの楽しかったー!
私は自分のことを話すの大好きなので、話してよければどんだけでも話せます。
うまく話を引き出してくれて、時間調整とか話しながら整えていて、プロってすごい!!と思いました。一番好きなアニソンがネットに無かったのが痛恨ですが、一番燃える『ガオガイガー』OPソングをかけていただいて本当に嬉しかったです。

たしかに、ガオガイガーは燃えますね(笑)ちなみに・・一番好きなアニソンってなんでしたか?

A)『宇宙海賊キャプテンハーロック』が一番だと思いますが、この時は自分の人生にかんがみて、『絶対無敵ライジンオー』をお願いしました・・・
ライジンオーの「一人じゃないよ、挫けそうな時は支えているよ、繋がっているんだよ」という歌詞がその当時、人間不信の谷底を覗いてたわたしにとって心の支えになりました。振り返ったら、信じられる友達がいたんです。

なるほど。歌詞のメッセージに励まされることって誰しもありますね・・。
そんなアニソン好きな遠藤さんですが、今年でアニメーター業40周年になるという!すごいですね・・。この機会にアニメ人生?を振り返りつつ、いろいろお聞きしていきたいと思います。
まず・・アニメーターを志した経緯もふまえて、当時はどんな感じでアニメ界に入られたんですか?

A) 小さい頃から机とか路上とかに、ひたすら絵なのか線なのか描き続けているような感じで・・高校生の時、漫研に入り、その流れでアニメを見るようになりました。高校卒業時に職業の選択肢が、漫画家、漫画編集者、アニメーター、の三つしか思い浮かばなくて・・
漫画は新人賞に応募したりしたんだけど、エピソードしか思いつかなくて物語を作れなかったので漫画家は無理。編集者は大学行くのが無理。アニメーターならあまり才能が無くてもできそう。・・ってことでアニメーター一択になりまして(笑)

東京デザイナー学園名古屋校(現・名古屋デザイナー学院)のアニメ科開設の年に入学して・・ 二年目に先生が、名古屋でアニメーターの仕事は無いって言うから、漫研のつてでアニメに詳しい人に紹介してもらい・・その方から、サンライズの長浜忠夫さんなら優しくて誰にでも会ってくれると聞き、手紙を書いてアポを取り、描き散らしたスケッチブック一冊持ってサンライズに行ったのが5月ですね・・。

今の時期は募集終わって来年まで無いと聞き、ガッカリしてたら、ちょうど女子1名募集してる人がいるって、高橋資佑※さんに引き合わせていただきました。

ニルスの不思議な旅』(ぴえろアニメ作品)をやるためスタジオドオタクを立ち上げたところで、白紙の状態で高橋さんの二原※をできる人材を育てたいとのことで自己主張の控えめな女子を募集していたのです。
絵が描けるならなんでもいい私は無事採用され、6月から出勤ということになりました。

なんと!いきなりスケッチブック一冊持って、上京したんですか!?(笑)高橋資祐さん(故)は、ぴえろの創業期から参加されていたアニメーター、演出家の方で遠藤さんにとっては初めてアニメ業界でお世話になった、師匠ですね・・二原※をできる人材というのは・・?

A) (TVアニメの)アニメーターって、まず動画から入って、動画が上手くなったら原画に上がれるシステムなんですけど、高橋さんは中国とかで一原&作監をやって若い人に二原をやってもらって一本作るようなことをしてこられて、動画と原画の違いなどを考慮して、原画マンを育てるには動画をやらなくても、二原から入ってもいいのではないかと考えられたらしいです。
それで、動画経験が無くて「自分はこれがやりたいんです!!」という主張も無い白紙の人材に、初めから原画の描き方を教えて育成するプロジェクトでした。

それで、アニメーターとしてスタートされたんですね。
専門学校の途中(?)でアニメーターになると決めて、東京に出てこられて・・実際アニメの仕事をはじめて、どうでしたか?

A) 毎日何時間も絵を描くのは飽きるんじゃないかと心配でしたが、意外と飽きないもんだなあと感心しました・・!

初めての仕事は日本で放映されない『みつばちマーヤ』でした。
芋虫系が恐怖症レベルで苦手なのに青虫のキャラを描かされて、・・・・・
どうしても無理なんで、絶対に虫には見えない模様を付けたのを覚えています。完成品は虫らしく直されてました。

ちょっと待ってください・・虫のキャラに模様を描いてたんですか?!
直しを入れた監督さんもびっくりしたでしょうね・・(笑)

A) それから「ニルス」をやらせてもらい、自分は動物がすっごく好きなのだとわかりました!キャロットで初めてハムスターという存在を知り、憧れました・・それに鳥の羽ばたき(動画のパターン)を覚えたのは一生の財産ですヽ(´▽`)/


※高橋資佑 (たかはし もとすけ、1941年1月11日 – 2007年11月8日)は、日本の男性アニメーター・アニメーション演出家である。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

※二原・・「第二原画」のこと
第二原画システムは「レイアウトを描いて原画」という作業工程のうち、原画の部分を他の人にやってもらうというもの。
第一原画を担当した人がレイアウトとおおまかな動きをつけたラフな原画を描いて、第二原画を担当する人が線を整理したり、「動画」で必要になる間に必要な原画を足したり影をつけたりして「原画」を完成させる。